日本における人身保護法

日本における人身保護法とは、不当に奪われた人身の自由を回復することを目的に制定された法律です。こう言うと少しわかりにくいですが、今日本でこの法律がよくつかわれるのは「子供の取り戻し請求」などをする場合が多いです。夫婦の別居などで別居中の相手方が同居の子供を連れ去ってしまった場合や、親権ない相手方が親権の持っている人の所から子供を連れ去ってしまった場合などは、この法律が適応されます。連れ去りによって子供に悪影響がある場合など、すぐに戻す必要がある場合は弁護士を立て地方裁判所にこの請求を行います。請求を行うとすぐに裁判所で尋問が行われ、相手に違法性が認められると引き渡しを命じる判決が下され、応じない場合は強制執行を行うこともできます。ただ、まだ離婚に至っていない夫婦の場合は「連れ去りの違法性」の認定が難しく、その連れ去りによって子供の幸福が、前と比べて反することが明白であることが必要となります。離婚前は親権はまだ両方にあるため、著しく悪い環境でない限り適法と認められる場合が多いからです。そのため場合によっては請求が認められない場合もあります。また、子供が自分の意志で相手方の所へ行った場合はこの請求は認められません。